株式会社ワールドストアパートナーズ(WORLD STORE PARTNERS)

ニューキャリア事業ユニット
アンタイトル ストアスーパーバイザー(以下SV)
山川 和子 2001年入社

広島の短期大学を卒業後、新卒で入社。
百貨店ブランドのアンタイトルで販売経験を積み、SVに就任。
アンタイトルだけでなく、中国・四国エリアの
ショッピングセンター系ブランドの販売支援活動もおこなう。

やるからには徹底的にやりたいタイプ。
ずっとスポーツをやってきたので根性はあります(笑)

中国・四国エリアのアンタイトル店舗の責任者として、店長やメンバーの指導育成、ディベロッパー様との商談などをおこなっています。2014年から中国・四国エリアの活動として、ショッピングセンターに入っているブランドの販売支援もおこなうようになりました。アンタイトルという百貨店系ブランドと業態の違いはありますが、お客様応対の基本は同じです。違う業態の店舗で、違う角度で指導することで、いろんな視点で客観的に物事をとらえられるようになったと思います。
入社したときから店長になりたいと思っていました。おっちょこちょいなので怒られることも多々ありましたけど、わりと落ち込んでもすぐに持ち直していましたね。
念願の店長になってからもわからないことはいっぱいでした。どうやったら売上を伸ばせるか? 何をすればお客様満足につながるか?先輩方に教えてもらったり、本を読んだり、実際にショッピングに行って応対を受けたりして勉強しました。もちろん悩むこともいっぱいありましたけど…
これまで辞めずにがんばってこられたのは、支えてくださる方々がいらっしゃり、人と人とのつながりを感じてこられたからです。

寄り添いたいなと思います。
私自身がそうしてもらってきましたから。

例えば1年目の方だったら、「こういう悩みがあるだろうな」と、その時自分がどうだったかを思い浮かべながらお話をします。何を思っていてどうやりたいかをちゃんと聞いて、それをサポートする。その方の目線に合わせないと、低すぎても達成感がないし、高すぎてもダメ。ちょっと背伸びしてクリアできるような課題にチャレンジしてもらう。悩んでいる表情のメンバーを見たら放っておかない。これまで自分が先輩方にしてきていただいたことだから、私もそうし続けたい。それが先輩方への恩返しになると思っています。
だから今は自分のことよりも、メンバーの成長が見えたとき、お客様からメンバーに対するおほめの声をいただいたときが一番嬉しいですね。

BACK

© WORLD STORE PARTNERS Co.,Ltd.