株式会社ワールドストアパートナーズ(WORLD STORE PARTNERS)

SHOO•LA•RUE

何よりも先に、一人のドレッサーでいること。

SHOO•LA•RUE ストアスーパーバイザー 田上 未奈 2006年入社

はじめての土地で、はじめての店長に。

初めて「店長、やってみる?」と声をかけていただいたとき、二つ返事で「はい!」と答えたのは、ずっとサブ(副店長)でいるよりも、早く成長できると思ったからでした。もともと勤務していた店舗の近所かと思いきや、配属先に決まったのは今までと異なるエリアのシューラルー。はじめての土地で、はじめての店長。ちゃんと務まるか、最初は少しだけ不安もありました。一体、どんなお店で、どんなスタッフが働いているんだろう。気になって、気になって、初出勤の日の前にこっそり店舗に偵察にいったんです。

正直に言ってしまえば、その偵察はがっかりな結果に終わりました。そのお店では、一人のスタッフを除いて、笑顔や挨拶が徹底できておらず、ただ「いらっしゃいませ」を機械的に口に出すだけ。ドレッサーとして楽しんでいる様子が、まったく伝わってきませんでした。もちろん、スタッフが、みんながみんな悪いわけじゃない。むしろ、根がまじめなスタッフばかりでした。でも、店長不在店舗ということもあり、教えてもらえていなかったため、与えられた業務しかできない。店舗としての団結力も弱い。その意識を変えていくことは、並大抵のことではありませんでした。

ドレッサーの楽しさを、まず自ら伝えていく。

赴任後は、積極的に店頭に立って、来る日も来る日も応対を続けました。店長である以前に、ドレッサーとしてお客様を楽しませ、自分自身も楽しむ。その姿勢をまずは伝えたかったんです。そうはいっても、土地勘のまったくない場所。「今日はどこから?」と世間話をしようにも、返ってくる地名が分からず、なかなか話が広がらない。少しばかり時間はかかりましたが、徐々に馴染みのお客様も増え、店内には笑顔が増えていきました。

その様子を見ていたスタッフの姿勢にも、少しずつ変化が現れ、お店としての結束も強くなっていきました。次の店舗に異動が決まったときはスタッフが泣いて別れを惜しんでくれたほど。どうすれば、スタッフが成長するか。いいチームがつくれるか。店長として試行錯誤してきたことを、新しい店舗で実践しています。めざしているのは、楽しくて、明るくて、居心地がよくて、なおかつ笑顔があふれるお店。そんな評判が評判を呼んで、ゆくゆくはうちの店舗の名前を全国に轟かせたいと思っています(笑)。

あなたにとって、ファッションとは?

日々の活力!!

BACK

© WORLD STORE PARTNERS Co.,Ltd.