株式会社ワールドストアパートナーズ(WORLD STORE PARTNERS)

全国のドレッサーが日々磨いたスキルをお披露目!
「Top of the WORLD 〜WORLD GROUP AWARD〜」

毎年進化を続けるアワード

日本全国に2,000以上の店舗を展開するワールドグループ。そのグループ各社から選び抜かれたドレッサーたちが全国から集まり、日々培ってきたスキルやノウハウを共有する「Top of the WORLD 〜WORLD GROUP AWARD〜」が、2月22日(木)にワールド北青山ビルにて開催されました。

今年で8回目を迎えたアワード。ワールドグループのブランドや店舗、ドレッサーの多彩な強みや「らしさ」を共有・称賛する場として、多種多様な成功事例の紹介や接客ロールプレイングの実践があり、それぞれの部門ごとに表彰が行われました。

創意工夫で、ブランドの魅力を伝える

今年新設された「成功事例部門」では、「個人の部」より4名と「店舗の部」より4名、「新人の部」より3名が、それぞれ直面した課題にどう取り組んだかとその結果を発表しました。東京ドームシティラクーアindexの接客力アップを狙った取り組みでは、お客様に信頼していただけるトークポイントを共有し、チームの中で接客後に振り返りをしながら店舗の応対力を強化したという事例を紹介。

また、SNS活用の取り組みでは2組から発表がありました。モラージュ柏HusHusHでは、ファミリー層のお客様により愛されるブランドを目指し、Instagramでブランドキャラクター「ハッシュダモン」を使ったキャラ弁の写真を投稿。高松ゆめタウンOPAQUE.CLIPでは、お客様が真似をしやすいコーディネートを投稿するなど、どちらもターゲット層を意識したトレンドをうまく取り入れていました。その他、店舗の内装へのこだわりや在庫管理の徹底など、店舗・個人がそれぞれのブランドにフィットした取り組みを実施。楽しみながら確実に結果を出している姿に、観覧者も興味を寄せていました。

目の前の一人ひとりに寄り添った接客を

「接客ロールプレイイング部門」では、複数のお客様に対応する「1対複数部門」と1人のお客様に向き合う「1対1部門」の接客を披露。「1対複数部門」では、3〜4人のお客様を同時に応対しながらも、一人ひとりにしっかりと向き合い、心地よい空気感の店舗を作り出していました。一方「1対1部門」では、ドレッサーが一人のお客様のご要望を細かくお聞きし、短い時間で大切な1着を安心して選べる関係性を築いており、どちらの部門でも、ドレッサーが相手の不安やお悩みに寄り添うことでお客様からの自然な笑顔を引き出していました。

新人ドレッサーたちに、熱い応援の声

新人ドレッサーも、それぞれの個性を生かしてどのように店舗に貢献したかを発表。イオンモール武蔵村山FLAXUSの中島誠さんは、個人売上目標の達成というゴールを掲げ、商品情報をしっかりと把握するほか、メリット・デメリットをお客様目線から真摯に伝える接客を心掛けたそうです。その結果、見事目標を達成し、自信にもつながったとのことでした。新丸ビルCOCOSHNIKの阿部夏実さんは、安定感のあるロープレを披露。オフィスでもプライベートでもお洒落を気軽に楽しめるジュエリーの魅力を、等身大の言葉で伝えていました。どの新人ドレッサーも先輩スタッフのサポートや店舗の仲間の協力があったから、という感謝を述べるとともに、さらなる成長を目指しているという前向きなコメントを発表。会場からも、暖かい声援と拍手が送られました。

「人」が伝える。「人」だから伝わる。

「お褒めの言葉大賞」では、お客様からドレッサー宛に、実際にいただいた嬉しいお言葉を紹介。お言葉だけではなく、お客様から動画でもお祝いコメントをいただいたのは、渋谷明治通り本店TAKEO KIKUCHIの永井直樹さん。「永井さんはいつも主人に合う商品を揃えて待っていてくれます。挑戦したかったアイテムを取り入れつつダンディにスタイリングしてくれて、お店に行くたびに若返っていくのが嬉しいです。永井さんに選んでもらったコーディネートで二人で美術館デートを楽しんでいます。また家族でお店に伺いますね!」というご夫婦からのメッセージに、永井さんはじめ、会場全体が感動に包まれました。

ブランドにも、お客様にも「Fit」していく

閉会式では、株式会社ワールドの上山社長がアワードを振り返り、「店頭で商品をお渡しするその瞬間が一番大切だと改めて実感した。お客様に笑顔で服を手にとっていただけるのは本当に幸せなこと。だから接する私たちは、お客様を上回る笑顔で迎えよう」と語りました。

インターネットが発達して、いつでも便利に買い物ができるこの時代に、お客様と全力で向き合うことでファッションの魅力を伝えていく。今回のアワードではそれを体現した幅広い事例が紹介され、ドレッサーや店舗同士で学び合う場となっていました。これからも、ブランドへの、お客様への「Fit力」の向上のため、アワードは続いていきます。

BACK
© WORLD STORE PARTNERS Co.,Ltd.